生活習慣病とタバコ

生活習慣病とタバコはとても関係があるといわれていますが、最近はタバコの値段も値上がりしたこともあって徐々にではありますが、タバコをやめている人も増えてきた気がしていますね。

タバコ

生活習慣病の原因

生活習慣病の原因は、突然起きることはありません。日々の生活習慣が原因といわれていて、日々の生活習慣の乱れが積み重なることで生活習慣病は起きるとされているのです。

昔は成人病というような呼び方をしていたのですが、生活習慣病は色々な種類があり、その生活習慣病の種類によっても原因はそれぞれ違っています。

生活習慣病は遺伝が原因であるということも中にはあるのですが、それだけでなく、毎日の食生活や運動、たばこや飲酒、ストレスなども原因につながるといわれています。

生活習慣病の原因は、その病気の種類によっても違っていますが、共通して言えることは、生活習慣を改善して、規則正しく、健康的な生活習慣を送るようにすれば、その原因を解消することが出来て、発症前に防ぐことが出来るのです。

生活習慣病の原因になっている病気は1種類ではなく、色々な種類がありますから、どこからどこまでが生活習慣病なのかということについては、なかなか難しい点でもありますが、生活習慣病を未然に防ぐ、予防することに関しては、原因を突き止めることが大切です。

生活習慣による不摂生が原因で起きるケースが多いですから、食生活を見直したり、運動足を解消したり、そして健康な体をキープするためにはどうすればいいのか、そのことなどを考えて、生活習慣病を予防していかないといけません。原因が分かっている場合には、早めに生活習慣を見直して、原因を改善させることが大切ではないでしょうか。

生活習慣病と喫煙

生活習慣病の原因の一つにタバコがあげられるのですが、なぜたばこが生活習慣病と関係しているのかはわかりますよね。生活習慣病の原因になっているたばこには、ニコチン、タール、一酸化炭素が入っているのですが、これは実はかなり発がん性の高い成分だといわれています。ですからタバコをすっている人というのは、わざわざ発がん性の高いものを自分の体に入れているということになります。

そして生活習慣病の原因になっているたばこを毎日毎日吸い続けた結果、肺がんになったり喉頭がんになったりしてがんを発症してしまうのです。

生活習慣病としてたばこをやめようということはここ数年いわれてきていますが、それでもまだタバコをすっている人は多いのが現状です。

生活習慣病は知らない間に体をむしばみますから早めにたばこをやめて生活習慣病予防に努めなければ自覚症状が出てきたころにはがんになっていて、あちこちに転移していたということもよくあることですから自分でやめなければいけません。