にきびとタバコ〜禁煙で大人ニキビを改善!

にきびとタバコはとても関係しているってご存知でしょうか。思春期でにきびに悩んでいる人はきっとタバコとは無関係だと思いますかが、大人にきびに悩んでいる人でタバコを吸っている人は関係があります。

大人にきび

タバコと血の巡り

タバコの煙というのは血管を収縮して酸素が体内に送られにくくなってしまいます。それによって血の巡りが悪くなって、それは体だけでなく顔にも表れて顔の新陳代謝が悪いためににきびが出来るといわれています。

また他にも、タバコというのはビタミンCを大量に体の中で消費してしまいます。このビタミンCにはきびなどの跡や色素の沈着を防ぐ働きをしているので、タバコを吸ってしまうためににきびやにきび跡の色素沈着がひどくなってしまいます。

タバコとお酒一緒にも注意!

タバコを吸う人はお酒を一緒に飲む人が多いのですが、タバコを吸いながらのお酒は一番肌にとってはよくありませんし、にきびを作ってしまう原因になります。

にきびを作ったり、にきびを悪化させる原因になるので、にきびが出来やすい体質の人やにきびが出来ている人は、タバコもお酒も控えるようにしなければいけませんね。普段両方すったり飲んだりしている人は試しに一度両方をやめてみてください。きっとにきびの出来ない綺麗で健康的な肌に生まれ変わります。