禁煙の効果〜痰や病気リスクも改善!

なかなかやめることができないと言われている喫煙。ニコチン依存症とも呼ばれる,この喫煙行為は身体にとても悪いものです。

では,晴れて禁煙が成功したとき,禁煙の効果にはどのようなものがみられるのでしょうか。

禁煙の効果

禁煙で咳や痰などが止まる、呼吸が楽になる

まず,禁煙の効果には,喫煙していたときにはずっと出ていた咳や痰などが止まったという報告がたくさんあります。 タバコの煙に含まれる有害物質のせいで,喫煙する人は咳や痰がとても出やすくなるのです。 このようなものがぴたりと止まったりすることが禁煙の効果のひとつです。

さらに,呼吸が楽になるなどの症状が出てくるのも,禁煙の効果のひとつです。

禁煙で目覚め、味覚、顔色、肩凝りが良くなる

その他の禁煙の効果としては,朝の目覚めがとても良くなったり,味覚がよくなったなどの禁煙の効果もあるようです。

顔色が良くなる,肩凝りがなくなった,口臭がなくなったなどの症状も,禁煙の効果としてよく挙げられるものです。

病気にかかるリスクが低くなる

その他に,禁煙の効果として色々な病気にかかるリスクが低くなるということがあります。

例えば,肺がんにかかるリスクが減ったというのも禁煙の効果です。毎日タバコを吸う人の場合は,タバコを吸わない人の4倍の死亡率がありました。 しかし,禁煙の効果により,肺がんにかかる確率はどんどん減っていくのです。 禁煙して5年たった時で見ると,1.6倍ほどまで下がることがわかっています。これも禁煙の効果です。

女性への嬉しい効果

その他の禁煙の効果として,女性であれば肌のくすみがとれてきたり,髪にツヤがもどってきたりする禁煙の効果も挙げられます。 また,喫煙は,血行をとても悪くするものです。禁煙の効果として,冷え性がなおったなどという報告もあります。 さらに,禁煙の効果として血液がサラサラになるなどの禁煙の効果もあります。

このように,禁煙の効果はいろいろな面で現れてくることになります。いろんな禁煙の効果があらわれはじめると,いかに喫煙が身体に悪影響をおよぼすものなのか,今までどれほど 自分が身体に悪いことをしていたのかがはっきりとわかるようになります。 そして,もう二度と喫煙などしたくないと思えるようになれば,禁煙が成功したといえるかもしれません。

心臓発作を起こすリスクや,肺がんで死んでしまうリスクなどを起こす喫煙は,身体に悪いことだらけです。 依存症である以上,少しの間は禁断症状が出るかもしれませんが,上記のような禁煙の効果があるので,喫煙はできるかぎりやめましょう。 自分にとっても周りの人間にとっても,喫煙は身体に悪影響をおよぼします。