禁煙の禁断症状〜辛い症状はいつまで?

喫煙は,ニコチン依存症という,いわゆる中毒です。つまり,禁煙することにより,その依存症の禁断症状が出ることになります。 禁煙の禁断症状にはどのようなものがみられるのでしょうか。

ニコチン依存症

禁煙から3日

禁煙の禁断症状は,禁煙をはじめてから2日目や3日目が一番キツイといわれています。 しかし,禁煙の禁断症状は,ヘビースモーカーの人(ニコチンの依存度が高い人)はもっと早い時期から禁煙の禁断症状があらわれるとされています。 それは何故かというと,ヘビースモーカーの人は,ニコチンの代謝が良くなってしまっているため,禁煙した場合に身体からニコチンが抜けていくのが早いからです。

禁煙の禁断症状は,数日たつと弱くなっていくといいます。 禁煙の禁断症状には,水を多く摂取することや,果物などを多く食べることなどが効果的だと言われています。

また,禁煙の禁断症状として,目に霞がかかって視界が悪くなることがあったり,頭がぼぅっとするなどの禁煙の禁断症状があらわれることもあります。 そのように,頭がぼぅっとする禁煙の禁断症状の場合には,忘れるためにも早めに寝てしまうなどが効果的だといわれています。

禁煙から5日以降

禁煙の禁断症状は,だいたい5日を過ぎたあたりからどんどんラクになるといわれています。 最初は,禁煙の禁断症状として,タバコを吸いたくてどうしようもなくなります。 無性にイライラするなどの禁煙の禁断症状も出てくるかもしれません。 しかし,そのような禁煙の禁断症状は乗り切ってしまうしかありません。一度,禁煙の禁断症状が抜けたら,とてもラクになれるので禁煙はもうすぐです。

禁煙の禁断症状が抜けてからも注意!

禁煙の禁断症状が抜けて,禁煙をはじめてしばらくしても,またふいに吸いたくなってしまうこともあります。 そのようなときに「一本くらいなら…」とまた吸ってしまうと,そこで禁煙の禁断症状を我慢した意味はなくなり,また最初から禁煙のやりなおしになってしまうことも少なくありません。

禁煙というのは,一時的にではなく,喫煙しない状態をずっと保つ状態のことを禁煙といいます。そのため,硬い決心をもって禁煙にのぞむことが大切です。

また,禁煙の禁断症状が消えて,禁煙が順調にすすんでいくことにより,身体の調子もとてもよくなっていることに気付くはずです。 喫煙が身体におよぼした悪影響が完全に消えるようになるまでには,時間がかかるかもしれませんが,禁煙している時間が長ければ長いほど,喫煙の悪影響も消えていきます。