受動喫煙〜副流煙が周囲に及ぼす影響

喫煙は,本当に身体に悪影響をおよぼすものとして認知されてきました。 この,悪影響をおよぼす喫煙という行為ですが,本人の身体に悪影響が及ぶのは本人の自業自得といえますが,受動喫煙ということにより,非喫煙者の人の身体にも,さまざまな 悪影響があります。受動喫煙とはどのようなものでしょうか。

受動喫煙

受動喫煙とは

受動喫煙とは,自分ではタバコを吸わないにも関わらず,周りに居る人が喫煙しているそばに居ることで,その煙を吸ってしまうことを受動喫煙といいます。 この受動喫煙は,タバコを吸っていないのに自分の意志と関係なくタバコの煙を吸わされることから,不本意喫煙とも呼ばれているようです。

実は,喫煙している本人よりも,受動喫煙をしいられている人のほうが,より多くの有害物質を吸わされていることがあきらかになっています。 これは,喫煙している本人が吸っている煙(主流煙)よりも,受動喫煙をしいられている人が吸わされている煙(副流煙)のほうに,より多くの化学物質が含まれているということです。 受動喫煙をしいられている人は,実際にタバコを吸っていないにも関わらず,発ガン性の物質などを無理矢理に吸わされていることになります。

副流煙

受動喫煙をしいられている人が吸っている煙(副流煙)に含まれていると言われている有害物質には,ニコチン,一酸化炭素,発ガン物質として知られるベンツピレン,ニトロソアミン,ダイオキシンなどまでが,受動喫煙をしいられている人が吸っている煙に含まれているのです。

受動喫煙で吸わされる副流煙には,恐ろしい数の有害物質が含まれています。 そのことにより,受動喫煙をさせられている人の身体にはいろいろな悪影響があります。 例えば,眼が痛くなったり,喉が痛くなったりするのは,受動喫煙をさせられている人の典型的な症状です。そのほか,頭が痛くなったり,咳が止まらないなども,受動喫煙の影響によるものだと考えられます。

このような事が次々に明らかになってきたことから,最近では「受動喫煙防止条例」などもできるようになりました。 例えば,混んでいる道での歩きタバコは,受動喫煙に繋がる行為となるため,禁止されている区域もあります。

喫煙者はもちろん,受動喫煙をしいられている人の身体にも悪影響をおよぼす喫煙。今のこの時代では,喫煙をする場合には周りに気を配ることと,喫煙が許されている場所で のみの喫煙を心掛けることなどが,マナーとして当然のことだといえます。