禁煙方法〜一般的な禁煙を成功させる方法

身体に百害あって,一利なし…といわれる,喫煙。喫煙する人にとって,禁煙したほうが良いとわかっていても,なかなかやめられないというのが現状のようです。 何かよい禁煙方法はないのでしょうか。

禁煙

「たばこをやめたいのに,なかなかやめることができない」 この言葉は喫煙している人からよく聞くことばのひとつです。何故タバコがやめられないのか。 それは,「タバコ依存症」になっているせいです。

タバコに含まれるニコチンは,中毒性があります。つまりいろんな禁煙方法を試したにも関わらず禁煙できないという人は,ニコチン中毒になっているといえます。 ニコチン中毒になっている人には,どのような禁煙方法が良いのでしょうか。

禁煙外来

今の日本では,タバコをやめたい人の禁煙方法として,「禁煙外来」というものがあります。 この禁煙方法は,病院で「タバコ依存症は中毒だ」と認められたことからできたものです。 喫煙は中毒であるということから,この禁煙外来は保険が適用されることもあるのです。

病院の禁煙外来での禁煙方法は,ニコチンパッチによる禁煙方法です。 この禁煙方法は,一日一回,ニコチンパッチと呼ばれるシールのようなものを,身体に貼るという禁煙方法で,このニコチンパッチによる禁煙方法では70%の人が禁煙に成功したというデータがあります。

このニコチンパッチの禁煙方法は,置換療法とも呼ばれています。 この禁煙方法は,「禁煙ができないのはニコチンの依存症であるからだ」ということを頭において,たばこ以外の方法でニコチンを補給させる,という禁煙方法です。 この禁煙方法として有名なものとしては,ニコチンパッチの他に,ニコチンガムなどが挙げられます。

行動置換療法

また,その他に行動置換療法という禁煙方法もあります。 この禁煙方法では,タバコを吸うという行為に代わる行為を行うことにより,禁煙させるという禁煙方法です。 例えば,タバコが吸いたくなったら,飴を舐めてみたり,冷たい水を飲んでみたり,氷を口に放りこんでみたりするなどする禁煙方法です。

いずれの禁煙方法においても,本人が「絶対に喫煙をやめるんだ」「禁煙したいんだ」という確固とした意志を持つことが,まず大切です。 自分で禁煙するという意志が弱い場合には,せっかく一時的に禁煙がうまくいったとしても,またすぐに吸ってしまうことがあるからです。 一時的に禁煙が出来ても,その状態をずっとコントロールするということが,禁煙においてはいちばんたいせつなことなのです。