喫煙害〜タバコが自分に及ぼす害、他人への害

喫煙は,百害あって一利なしとよく言われています。また,最近では禁煙や,分煙になっているところも,どんどん増えてきました。 それは何故かというと,調査などにより,どんどんと喫煙の害について明らかになってきたせいだと思います。 では,喫煙の害にはどのようなものがあるのでしょうか。

喫煙の害

肺がん

喫煙の害と聞いて,まず一番に思いつくものは,肺がんでしょう。 喫煙の害として,喫煙する人は,喫煙しない人に比べて,肺がんでの死亡リスクが6倍ほどあるといわれます。 また,喫煙の害として呼吸器系の疾患や代謝の疾患,循環器系の疾患などにかかりやすくなるというリスクがあります。 さらに,肺気腫や慢性気管支炎,胃潰瘍なども喫煙の害として挙げることができる疾患です。 その他,喫煙の害として狭心症や心筋梗塞を発生させるリスクが,大変高くなることも わかっています。このように,喫煙の害にはさまざまな疾患を引き起こす,というものがあります。

咳や痰がたくさん出る

咳や痰がたくさん出るなども,喫煙の害として挙げられるものです。

血行不良

その他の喫煙の害として,身体の血行が悪くなるというものがあります。そのため,喫煙の害として冷え性になる人なども多いようです。

肌や歯が汚くなる

喫煙の害として,肌のくすみ、肌荒れ、口臭、歯にヤニがついたりと,女性の美容にとっても喫煙はよくありません。

受動喫煙

さらに,自分では喫煙をしないのに,他人の煙の喫煙の害を受けて,肺がんやその他の疾患にかかってしまうことがあります。 これを受動喫煙といい,この受動喫煙の喫煙の害も非常にひどいものです。 というよりも,喫煙をしている本人の喫煙の害よりも,受動喫煙での喫煙の害のほうが,重症であるというデータもあります。 喫煙者が吸っている煙よりも,受動喫煙での煙のほうが含まれている有害物質が多いせいです。 このことからも,喫煙の害は吸っている自分だけならまだしも,タバコが嫌いで,タバコを吸ったこともないような非喫煙者にも喫煙の害が及ぶことがあるというのが府に落ちない点だと いえます。

喫煙の害は,自分だけではなく周りの人間の健康にも害をおよぼすものです。 できるかぎり,喫煙をやめて禁煙をするようにこころがけることが,自分にとっても周りの人にとっても良い選択です。

喫煙の害というものは,禁煙したあとに身体の調子がよくなることからよくわかるようになるといいます。 喫煙の害は挙げていけばきりがないというほど,たくさんあります。