チャンピックス以外の禁煙グッズ

喫煙している人は,なかなか喫煙をやめることができません。少しの間やめていると, ニコチン依存症のため,禁断症状が現れてきてしまうからです。

そんなときに,禁煙グッズを利用することにより,禁煙に成功する人たちがいます。 禁煙グッズにはどのようなものがあるのでしょうか。

タバコ

ニコチンガム、ニコチンパッチ

禁煙グッズと聞いて,まず思い付くものが,禁煙するためのニコチンガムなどです。 このニコチンガムなどの禁煙グッズは,喫煙というものがニコチン依存症であることから作られた禁煙グッズです。 タバコからニコチンを摂取するのではなく,タバコ以外の方法を使って,ニコチンを摂取するようにしむけるための禁煙グッズなのです。

同じ種類の禁煙グッズには,病院などの禁煙外来で処方される禁煙グッズ,ニコチンパッチがあります。 これも,喫煙をニコチン依存症と考えたうえでの禁煙グッズで,ニコチンのついたシールのようなものを,一日一回からだに直接張り付けることにより,タバコ以外の方法でのニコチン摂取をさせる,という禁煙グッズです。 禁煙グッズの中でも,特にこの種類の禁煙グッズが一番効果があるようです。

禁煙草

その他の禁煙グッズに,禁煙草というものがあります。 これは,タバコにそっくりの禁煙グッズで,この禁煙草という禁煙グッズに火をつけて吸い, 徐々に吸う本数を減らしていく…という禁煙グッズです。

「禁煙草」は,「きんえんそう」と読みます。「禁煙草」は,数ある禁煙グッズの中でも,タバコに似た形状を持つものです。

この「禁煙草」の使用方法は,タバコと同じように火をつけて,その煙を吸って使います。 タバコを吸いたくなったときに,この「禁煙草」を吸うことにより,「喫煙している」という欲求を満たすことができるというものが「禁煙草」です。 では,この「禁煙草」に害はないのでしょうか。

この「禁煙草」,何でできているのかというと,「禁煙草」の主成分は健康茶の葉っぱです。 そのため,ニコチンやタールなどは,一切含まれていないため,この「禁煙草」を吸っても身体に害や,依存性はないのです。 しかし,「禁煙草」のすごいところは,「禁煙草」に火をつけて吸うと,ほとんどタバコと同じ味がする,というところにあります。 そのため,「禁煙草」を吸っているだけで自然に,喫煙する欲求は満たしながらもニコチンの依存からは抜けだせるというしくみになっているのです。

この「禁煙草」は,韓国からの輸入の禁煙グッズです。 「禁煙草」は,韓国では食品医薬品安全庁の認可が降りているそうですが,実は日本ではまだ許可は得ていない禁煙グッズです。 そのため,「禁煙草」が本当に安全で安心のできるものなのかどうかは,まだ不明とされています。さらに,ニコチンやタールは含まれていないことがわかっていますが,燃やすことにより,一酸化炭素などの有害物質は出ることになるので,あまりに長期に渡っての「禁煙草」の使用というものには,問題があるかもしれません。そのため,「禁煙草」を使用する際には,かなりの注意が必要かもしれません。

しかし,「禁煙草」はとてもよく考えられた禁煙グッズだといえますので,医師などのアドバイスのもとで「禁煙草」を禁煙に使用するのはよいかもしれません。 ちなみに,「禁煙草」で禁煙ができるようになる期間は,だいたい3週間くらいだといわれています。

このように,「禁煙草」はよくできた禁煙グッズですが,本気で禁煙を考えている人であれば,病院の禁煙外来に行くことをおすすめします。 ニコチン依存症という名前での外来となりますので,健康保険がきく場合がほとんどです。

そのほかの禁煙グッズ

その他には,ニコチンガムなどのニコチンが含まれているものではない,普通のガムも禁煙グッズのひとつということができます。 禁煙できないひとつの理由に,タバコを吸っていないと口がもの寂しいという場合があるのですが,このような場合には通常のガムを噛むことにより解消できることがあります。

そのほかにも,「タバコが不味くなる飴」などの禁煙グッズも発売されています。 これは,その飴を舐めたあとにタバコを吸うと,美味しく感じなくなるという飴です。

タバコが吸いたくなったら,その飴を舐めてからタバコを吸うことにより, 徐々に本数を減らしていけるという禁煙グッズです。

「ネオシーダー」という,見た目はたばこにそっくりの禁煙グッズもあります。 これは薬局などで販売されているもので,このネオシーダーに火をつけて煙を吸います。

しかし,最近ではこのネオシーダーにもニコチンやタールが少量ながら含まれていることが発見されてしまいました。そのため,タバコと同様の有害性があるとされています。 禁煙グッズとして販売されているものですが,使用しないほうがよいでしょう。